市会報告

2010年 / 2011年 / 2012年 / 2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年 / 2018年

平成27年度予算要望書を提出

実施期間:平成26年11月25日

平成27年度予算要望書を提出

 澤井市長におかれましては、就任2期目を迎えられ、疾病予防、医療の充実、子育て支援、防災対策、企業誘致等々精力的に改革を推進されておられます。 また、セーフコミュニティ認証による市民協働の新たなまちづくりと共に、本市にとって初めての海外友好都市協定の締結もされました。これらは、財政健全化を進めるなかで果実として、新たな施策が具体的な形になったものと評価させて頂いております。 そして、更なる財政健全化と財政の「見える化」も進めて頂きたいと思います。
 まだまだ課題も山積している現状でありますが、更なる市民生活の安定と向上のため、本市の特性を生かした市政運営を望み、平成27年度予算要望として提出させていただきました。
要望書の詳細を見る(PDF)

近鉄河内天美駅エレベーター設置に伴なう供用セレモニー

実施日:平成26年11月14日

公明党松原支部連合支部会

 近鉄河内天美駅エレベーター設置に伴なう供用セレモニーが行われた。公明党松原市議員団として、松原市の安心・安全のまちづくりにの推進に力を入れてきた。特に天美駅のエレベーター設置に関しては、議会での個人質問、代表質問等、予算要望にもあげていた敬意もありやっと実現に至った。公明党は、2008年、バリアフリー新法を策定した中で、エレベーターの設置が大きく進められるようになった。また、国の補助金制度を利用した流れにのり、松原市・国・近鉄で約三分の一づつの負担で設置できるようになった。エレベーターの設置は言えばできるものではない。財源の確保や、できる仕組みを創っていくことが、公明党の力と評価の声もいただいている。今後も、公明党市議団として、安心・安全のまちづくりに、全力で取り組んでまいります。

松原市議会議員がAED操作を学ぶ

実施日:平成26年10月7日

公明党松原支部連合支部会

 松原市消防本部は、市議会を対象にした救命講習を市役所で実施。消防本部職員の指導のもと、AEDなどを使った心肺蘇生に取り組んだ。講習内容は、人工呼吸や心臓マッサージなどの技術指導を受け、命の尊さを学ぶ講習会となった。三重松清子(市議会副議長)は、AEDに触れることで、自分も操作することができ、大変意義のある講習会だったと実感。
 公明党は、兼ねて松原市にある公共施設、コンビニ等へのAEDの設置に力をそそいできた。
 市民の皆様が、安心・安全で暮らせるよう、今後も全力で取り組んで参ります。

近鉄河内天美駅にて公明党街頭演説を開催

実施日:平成26年9月7日

 8月24日市議会選挙において4名そろって当選させて頂きましたことへの御礼と、この4年間、医療・介護・福祉の充実及び、安心・安全のまちづくりをおしすすめ、 住んでよかったと言っていただけるまちづくりを「全力で構築する」との熱い決意を語らせていただきました。
三重松市議・中尾市議・河内市議より

近鉄河内天美駅にて公明党街頭演説を開催

公明党松原支部連合支部会

実施日:平成26年6月4日

公明党松原支部連合支部会

 公明党松原支部連合支部会を平成26年6月4日(水)松原商工会議所で開催致しました。松原市議会議員選挙の投票日が、8月24日に決定した事を踏まえ、党員支持者の皆様に、各市議より決意を語った。来賓として、岩下府議会議員、樋口衆議院議員に参加して頂き、国と地方が連携を取る、ネットワーク力があるからこそ、小さな声を形にできる実績の党としての役割や 大衆福祉の党として走り続けてきた事を紹介、本年11月17日に結党50周年を迎えるにあたり、松原市議会議員選挙の大勝利を、党員支持者の皆様に、訴えさせて頂きました。

視察報告

熊本県八代市「八代市教育サポートセンター事業について」

実施日:平成26年5月13日(火)~5月14日(水)

八代市教育サポートセンター事業

 今回熊本県八代市で行われている教育サポートセンター事業について学ばさせて頂きました。八代市は、教育現場の支えである教員の指導力向上及び、家庭・地域との連携を密に開かれた教育活動の拠点として、サポートセンターとしての役割と重要性を感じました。

福岡県久留米市「セーフコミュニティ認証後の取り組みについて」

セーフコミュニティ認証後  

 福岡県久留米市セーフコミュニティ認証後の取り組みについても学ばさせて頂き、松原市とは違い、小学校区での取り組みと、中核市としての新たな取り組みとして感じました。どこまでも検証・協働のまちづくりの理念のもと、市民の皆様にどう徹底をするかの取り組みに対しては、市の特色を活かした取り組みをしている事も勉強になりました。 松原市としても今後、再認証に向けた取り組みが課題となってきますが、市民の皆様の安全・安心の松原市を作っていくために、しっかりと学んだ事を、活かして参ります。

セーフコミュニティ研修会

公明党議会交流:門真市・和泉市・松原市

実施日:平成26年2月10日

セーフコミュニティ研修会

 松原市役所にて、公明党議会交流が開催され、門真市・和泉市・松原市の3市で、安全・安心のまちづくりをテーマに、セーフコミュニティの研修会が行われた。各市より、セーフコミュニティの予防対策や必要性等、さまざまな議論が交わされました。
 今後の安全・安心のまちづくり等に、役立てていきたいと思います。

成人式街頭演説 河内天美駅

1月13日 成人式街頭演説 河内天美駅

実施日:平成26年1月13日

河内松原駅にて新春街頭

 1月13日、河内天美駅にて成人式街頭を行いました。 河内市議会議員より、河内天美駅周辺の歩道整備にこの3年間で7割の整備がされた事を紹介され、また2008年に公明党がバリアフリー新法を策定し、この制度に伴ない天美駅のエレベーター整備が加速化され、本年春までの着工となる事を訴えた。若林議員より、国民の皆様の支援により公明党の国会議員が増大し、その中の青年議員が若い力で若者の劣悪な環境で働かせる「ブラック企業」に対する改善の取り組みを説明。 又昨年の9月議会で提案した新防災マップと防災無線の改築が松原市の来年度予算の中に予定されている事を訴えた。最後に岩下府議会議員より、新成人を祝福するとともに若者支援へ全力で尽くすことを述べ、本格的な少子高齢化社会を迎えて行く中で、若者が仕事をできる環境づくりに力を入れ、自民・公明で築き上げた景気回復の兆しを実感できる年にしていきたいと強調。今年は公明党立党50周年、大衆とともにとの立党精神を忘れず、公明党全議員が一丸となって全力で取り組んで行くことを決意された。

2014年 新春街頭

1月2日、河内松原駅にて新春街頭を行いました。

実施日:平成26年1月2日

 三重松市議会議員より、第四回定例会議会報告及び、年末の与党税制改正において、杉参議院議員の働きもあり、政治的争点であった消費税10%導入時において、食料品などに軽減税率導入が決った事を紹介。 堀川市議会議員より、経済、復興加速を最優先、世界をリードする防災対策、また、松原市においても景気回復に実感のできる年を掲げ、市議団5人の団結で、安全・安心のまちづくりを目指し、走り続ける事を訴えさせて頂きました。

新年のご挨拶

景気回復実現の公明党・安全・安心のまちづくりへGO!!

 日頃からのご支持・ご支援に心より御礼申し上げます。大衆福祉の党を掲げ、一人の人を大切にとの思いに立ち50年、経済再生と東日本大震災からの復興加速を最優先課題に掲げ取り組んできました。これからも『大衆とともに』との立党精神を胸に、現場の声が生きた施策を政治に反映せさて参ります。
 本年もご支援よろしくお願い致します。

リンク