議員紹介

若林 良信

党支部連合会委員長。市議3期。元市監査委員。京都外国語短期大学卒。
◎徹底した現場主義の人。「いちばん近くで全力投球」をモットーに、暮らしの最前線で奮闘を重ねてきた。
◎効率的な行政に取り組み、戸籍の電算化を主導。徘徊高齢者を探す位置確認システム、防災マップの全戸配布、小学校校庭の芝生化も実らせた。
◎さらなる電子自治体の推進、災害弱者の安否確認体制づくりに挑戦。学校教育の拡充も訴える。

生年月日
昭和30年9月20日
出身地
兵庫県 神戸市
家族構成
妻 長女・次女の4人家族
趣味
映画鑑賞
愛読書
三国志
座右の銘
一生懸命
政治信条
生活者の為の政治
モットー
いちばん近くで、全力投球!
議会略歴
副議長・監査委員・建設常任委員長 等歴任

ごあいさつ

 皆様から頂いた市民相談は12年間で約3000件です。立党精神の「大衆とともに」を心に刻み地域に飛び込み市民の皆様の身近な所まで出向いて対話しさせて頂き、悩み、課題、問題を解決するために真心と誠意をもって応えていく事に努力させていただきました。 これからも市民の皆様のために、初心を原点を忘れず、全力で走り続けて参ります。

未来の松原を創る5つのチャレンジ

①福祉・医療・介護の充実など少子高齢化対策の推進を目指します。
②災害に強い、活力ある街作りを目指します。
③防災対策の充実を目指します。
④電子自治体をさらに目指します。
⑤学校教育のさらなる充実を目指します。

主な実績

・市民証の公布

・成年後見人制度の充実

・地域の協力のもと、小学校校庭の芝生化を推進

・認知症高齢者の徘徊位置確認システムを実現

・高齢者徘徊SOSネットワークを推進

・聴覚障害者なでへ(声)で知らせる情報支援を推進

・新防災マップ作成を推進

・戸籍の電算化を実現

・防災無線の改修とデジタル化推進

・近鉄天美駅にエレベーターの設置を推進

実績を詳しく見る

リンク