議員紹介

三重松 清子

松原市議会議員(3期)公明党松原支部 支部長。前市監査委員。武庫川女子短期大学卒。
◎「一人の声を大切に」が信条。生活者の立場、女性の視点から活発に議会提言を行い、多彩な実績を築いた。
◎全小・中学校へ特別支援教育の支援員を配置。市が発送する封筒への広告掲載による財源確保、24時間365日の救急医療電話相談も実現させた。
◎高齢者の活動の場づくり、食育の推進などを決意。「安心して住み続けられる松原」をめざす。

生年月日
昭和30年6月19日
出身地
大阪府
家族構成
夫・一男二女の4人家族
趣味
書道
愛読書
香峯子抄
座右の銘
一生懸命
政治信条
一人の声を大切に
モットー
1.福祉・医療・介護の充実など少子・高齢化対策の推進をします。
2.災害に強い、活力あふれる街づくりを目指します。
3.特別支援教育をさらに充実します。
4.元希者の活動の場の拡充と健康づくりの推進をします。
5.食育の推進をします。
議会略歴
監査委員・民生教育委員長・議会運営委員長・市議会副議長・松原市国民健康保険運営協議会会長 等歴任

ごあいさつ

 皆さまの真心からのご支援を頂き、3期12年間、 女性の視点• 生活者の目線で様々な課題に挑戦し、数多くの実績を築くことが出来ました。心より感謝と御礼を申し上げます。
 この12年間の経験を活かし、「ひとりの人を大切に!」をモットーに皆さまのお声を議会に届け、施策としてお返しすることが出来るよう取り組んで参ります。
 これからも、「一人ひとりが自分らしく輝きながら安心して、住み続けることが出来るまち松原」の構築を目指し、尽力して参ります。皆さまの力強いご支援をよろしくお願い申し上げます。

みえまつ清子のチャレンジ

・災害に強いまちづくりを推進します!

・通学路の整備、登下校時の安全対策の強化に努めます!

・発達障がい児に対する早期対応の体制づくりを 進めます!

・松原版「ネウボラ」の構築と産後ヘルパーの導入を 目指します!

・地域(各小学校区)に市政相談や世代間交流が出来る拠点づくりを目指します!

・全世代がまちづくりに参加できる仕組みづくりを目指します!

・地域包括ケアシステムの確立を目指します!

・介護予防事業の充実とお祝い金制度の創設(元気な高齢者を称える自立お祝い金制度)を目指 します!

・学校図書室の充実と学校司書の配置を目指します!

・大塚運動広場と野外活動センターの有効活用の推進をします!

主な実績

・平成24年3月議会においても東日本大震災の教訓から、松原市防災会議における女性委員の増員を要望。24年6月1日から女性委員が1人から3人に増員され、今議会において松原市防災会議30人の委員数を35人に増員、可決されました。

実績を詳しく見る

リンク